京都で司法書士に相談して負の遺産を相続放棄するようにしよう

サイトマップ

相続税申告書

マイナスになる財産を相続放棄するなら京都の司法書士事務所へ

電卓

父や母が亡くなり子が財産を相続するときに、その財産の内容がお金として残るプラスになる財産と借金などマイナスになる財産があります。家などの建物、土地も財産として相続の対象になるものですが今後住む予定がない、売れる見込みがないなどの場合もあります。一見プラスの財産ですが、家や土地などは使用したり売れなければ持っているかぎり、税金がかかり続けます。土地の持ち主と建物が別という場合もあり、住む予定がなくそのままにしておくと、風化して近隣に迷惑がかかることもあるので、土地の持ち主から更地にして土地を返してほしいと要求されることもあります。その場合建物の解体費用などかなりかかることにもなるので、それをふまえて相続の総額を計算して、マイナスになるなら相続放棄するということも視野にいれて考えないといけないでしょう。相続放棄する場合は放棄できる期限もあることなので親族が亡くなって間もないうちからバタバタとしているなかで書類を集めたり面倒な作業が重なります。京都にお住まいなら、京都の司法書士事務所の先生に相続放棄を相談するのがスムーズです。期限が過ぎてしまうと放棄したくてもできなくなってしまいますので、お早めに京都の司法書士事務所に相談しましょう。

司法書士に相談

借金を背負わなくてすむ京都での相続放棄のメリット

京都で親や兄弟などが亡くなって、自分が遺産相続人になる場合があります。土地や家、現金など役立つものを遺してくれたならいいですが、借金があると大変です。遺産相続は財産だけでなく借金なども相続しないといけませんから、自分の生活が脅かされてしまう可能性も出てきます。そんな時に考えたいのが相続放棄です。相続放棄とは、被相続人が亡くなってから3ヶ月以内に手続きして、相続しないと申し立てをすることです。普通の人は相続放棄の手続き方法などはわかりませんから、プロの力を借りるのが一般的です。そこで、相続放…

pick up