京都で司法書士に相談して負の遺産を相続放棄するようにしよう

サイトマップ

相続税申告書

相続放棄は自衛の手段!京都で相続問題に悩んだ時に相談すべきケース

通帳

相続放棄は意外と身近なものであることは知られていません。これは借金の相続を放棄する人が珍しくなく、遠い親戚の借金の請求が自分に回ってくることもあるからです。身に覚えのない借金の相続に驚く人もいますが、借金は誰も背負いたくないものです。相続放棄をすれば借金が増えることはありません。京都に住んでいるのであれば相続放棄は京都の司法書士事務所に相談するのが基本になります。京都以外の地方の親族がなくなっても、借金相続問題が発生することがあります。また、借金以外にも売れる見込みのない不動産や、空き家の相続などが求められる場合もあるため注意が必要です。人口の過疎化が進む地域では不動産を売ろうとしても売却が成立せず、固定資産税などの税金の負担ばかりがかかってしまう場合があります。長期的にみて負担にしかならない資産であれば最初から相続しないのも方法です。これは遠い親戚だけでなく、身近な人が亡くなった際にも当てはまります。隠していた借金などが多く、プラスの財産を上回る負債が見つかった場合や、処分の手間に合わないと思った場合は相続放棄を考えるのも選択肢になります。わからない事は身近に相談できる司法書士事務所を頼るのが確実で、こまかな相談にものってくれることが多いです。

司法書士に相談

借金を背負わなくてすむ京都での相続放棄のメリット

京都で親や兄弟などが亡くなって、自分が遺産相続人になる場合があります。土地や家、現金など役立つものを遺してくれたならいいですが、借金があると大変です。遺産相続は財産だけでなく借金なども相続しないといけませんから、自分の生活が脅かされてしまう可能性も出てきます。そんな時に考えたいのが相続放棄です。相続放棄とは、被相続人が亡くなってから3ヶ月以内に手続きして、相続しないと申し立てをすることです。普通の人は相続放棄の手続き方法などはわかりませんから、プロの力を借りるのが一般的です。そこで、相続放…

pick up