京都で司法書士に相談して負の遺産を相続放棄するようにしよう

サイトマップ

相続税申告書

マイナスの財産を受け取らないように京都で相続放棄するには

資料を見ながら考える

親が亡くなるのは悲しいことです。しかし、悲しんでいる暇もなく、親に借金があったことが発覚する場合があります。現実問題として、自分の親に借金が具体的にどのくらいあるか知っている人は何人いるでしょうか。親に借金があったことが分かり、しかもその借金を子である自分が相続してしまう、つまり自分が親の借金を返さなければならないと知ったら、たいていの人は驚き慌てふためくでしょう。そのような時、相続放棄が出来ることを知っているでしょうか。京都にお住まいなら、相談できる場所があります。相続放棄は京都の司法書士事務所に相談することが出来ます。親の財産を相続する場合プラスの財産はもちろん相続しますが、マイナスの財産、つまり借金も相続してしまいます。しかしあなたには借金を相続しない選択肢があるのです。それが相続放棄です。借金を相続したい人はいないでしょう。しかし実際に相続を放棄するとなると、専門的な手続きが分からない場合が多いはずです。そのような場合は専門家に相談することが望ましいです。京都の司法書士事務所に相談しましょう。親が亡くなって、いろいろ大変な時期ですが、お金の問題はあなたやあなたの家族の将来を左右します。マイナスの相続を手放すために、一歩踏み出しましょう。

司法書士に相談

借金を背負わなくてすむ京都での相続放棄のメリット

京都で親や兄弟などが亡くなって、自分が遺産相続人になる場合があります。土地や家、現金など役立つものを遺してくれたならいいですが、借金があると大変です。遺産相続は財産だけでなく借金なども相続しないといけませんから、自分の生活が脅かされてしまう可能性も出てきます。そんな時に考えたいのが相続放棄です。相続放棄とは、被相続人が亡くなってから3ヶ月以内に手続きして、相続しないと申し立てをすることです。普通の人は相続放棄の手続き方法などはわかりませんから、プロの力を借りるのが一般的です。そこで、相続放…

pick up