京都で司法書士に相談して負の遺産を相続放棄するようにしよう

サイトマップ

相続税申告書

京都市内で相続放棄の手続きをするなら

印鑑

親や兄弟が亡くなった際、遺産を残してくれるのなら良いのですが、遺産相続とはプラスの財産だけとは限りません。中には、事業や借金のために負債を負っている、というケースもあるのです。このような場合、必ずしも自分が負債を引き受ける必要はなく、相続放棄をすることもできるのです。相続を放棄するためには、家庭裁判所に行って申し立てをするのですが、京都の家庭裁判所は京都駅からかなり離れており、不便な場所にあります。また、相続放棄の手続きのためには、相続放棄申述書という書類を作成し、亡くなった人の住民票か戸籍と、申し立てる人の戸籍などを用意しなくてはいけないのですが、これも亡くなった人と自分との関係によって用意すべきものが異なります。そもそも相続放棄をすべきかどうか、という点も迷う場合があるかもしれません。しかも、相続放棄の手続きは相続が始まったことを知った時点から3か月以内に行わなくてはいけません。このような事情からもし自分が相続人であるということがわかったら、すぐに亡くなった人に負債があるかどうかを確認して、司法書士に相談すると安心です。京都在住の人は、京都の司法書士事務所を探して、相続放棄に関わる手続きを相談しましょう。

京都の司法書士事務所に依頼して相続放棄をしよう

祖父や祖母、両親などが死亡し、自分に相続権があるとしった場合、どのように手続きすればいいか分からず不安になるでしょう。相続権というと亡くなった人に莫大な遺産があり、自分にもその遺産が手に入ることを思い浮かべるのではないでしょうか。京都には老舗のお店がたくさんあり、遺産を貰える人は多いかもしれません。しかしその遺産が借金などの負の遺産であっても、相続権は発生します。自分がその人の代わりに借金を払わなければなりません。その場合、その人の遺産はいらないと相続放棄の手続きを取らなければなりません。しかし、どこでどのような手続きをすればよいか分からない人は多いでしょう。そのような時、相続放棄を京都の司法書士事務所に頼むとスムーズに手続きを行うことができます。相続放棄を行えば亡くなった人のプラスの遺産もマイナスの遺産も受け取ることはありません。しかし、その人がかけていた生命保険などの受取人に自分がなっている場合、保険金を受け取ることができます。相続放棄を行えば全ての遺産を放棄するから、保険金は受け取れないと思っている人も多いかもしれませんがそうではありません。その様な専門的知識を持っている京都の司法書士の先生に頼むと気持ちも楽になります。

京都の司法書士に相談して相続放棄をしても残る権利を知ろう

自分の相続財産の中に借金などのマイナス財産がある場合、その債務を引き継がないためには、相続放棄手続きをすることが有効になります。ですが、相続放棄をするとすべてのものが受け取れなくなるというわけではありません。一つ目はお墓や仏壇・位牌・神棚などのいわゆる祭祀財産というものです。京都に代々伝わる祖先をお守りするものは相続財産には該当しません。二つ目は生命保険金と退職になったときの弔慰金です。
生命保険金は亡くなった方が契約者ですが、指定された人が受け取るものです。これは受取人の財産と解釈されます。もともと亡くなった人の財産では無いのですから、相続放棄の対象とはされません。また、京都に数ある会社の弔慰金も受取人は遺族ですので、同じように解釈されます。ただし、生命保険金や弔慰金は相続税の対象になりますので、注意が必要です。三つめは身元保証債務や根保証債務です。身元保証債務は、わかりやすい例としては賃貸契約などの身元保証人です。また、根保証債務とは事業者の借入などで契約する保証人です。これらのものも相続の対象とならないというのが一般的です。しかし、これらは個別の事例によって異なることもありますので、京都の司法書士事務所に相続放棄を相談しながら、慎重に進めてください。

司法書士に相談

借金を背負わなくてすむ京都での相続放棄のメリット

京都で親や兄弟などが亡くなって、自分が遺産相続人になる場合があります。土地や家、現金など役立つものを遺してくれたならいいですが、借金があると大変です。遺産相続は財産だけでなく借金なども相続しないといけませんから、自分の生活が脅かされてしまう可能性も出てきます。そんな時に考えたいのが相続放棄です。相続放棄とは、被相続人が亡くなってから3ヶ月以内に手続きして、相続しないと申し立てをすることです。普通の人は相続放棄の手続き方法などはわかりませんから、プロの力を借りるのが一般的です。そこで、相続放…

pick up